lepton

Lepton2

trino

Trino

titan

TITAN

atom

atom

arki

Arki


Trino

リニアデルタ型のパラレルリンク機構の特徴

120°づつ離れて設置された柱(タワー)に取り付けられたキャリッジには底面と平行なアーム端対があり、反対のアーム端はすべてエンドエフェクタに接続されていますので、エフェクタ台の面は、常に床面に対して常に平行に拘束されます。すなわち、ノズルはどの位置にあっても常に底面に対して垂直なのです。 リニアデルタでは、3つのキャリッジの高さを制御することで目標とする(x,y,z)座標点にノズル先端を移動します。これにより関節をもついわゆるローテーションデルタ型よりも高さのある造形を容易にしています。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 リロード     ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-20 (火) 01:07:12 (632d)

東京都港区東麻布1-4-2 THE WORKERS&CO 401

facebook/genkei.japan

@Genkei1